NEWS

20.01.14
【プレスリリース】Location Netを活用したアパレル店舗における人流測定の実証実験を開始

弊社 株式会社マキシム、国立大学法人大阪大学(以下、大阪大学)情報科学研究科、株式会社NTTドコモ関西支社(以下、ドコモ)は、アパレル店舗における顧客やスタッフの動きを測定するシステム(以下、本システム)の実証実験を2020年1月14日(水曜)より開始します。

小売店において店内での魅力的な商品レイアウトの実現は売り上げに直結する重要な課題の一つです。また、人気商品がわかりやすく配置されていることは顧客満足度向上につながります。この課題を成し遂げるためには、店舗内の人流の見える化が必要不可欠です。本システムは、人流を見える化することで、これまで店舗運営者の暗黙知に依存することが多かった魅力的な店舗レイアウト作成の支援を目的として開発したシステムです。

本システムは、ドコモが提供する位置測位サービスである「Location NetTM」と大阪大学情報科学研究科が保有するセンサー情報統合技術「ひとなび®」を組み合わせたものです。「Location Net」は、特定のエリア内に検知器を設置し、管理対象とする人物や物品にはBLEタグを装着することで、管理対象がどこに存在するのかを特定することができます。「ひとなび」は、建物内の人流データをあらかじめ設置したセンサーで収集し、見える化するシステムです。そして、「ひとなび」と「Location Net」のそれぞれで収集されるデータを組み合わせ、来店者とスタッフの動きを区別して測定できるようにしました。また、これまでの人流測定には、カメラ画像が利用されることが多く、撮影した記録データに対する顧客情報の取扱いについて課題がありましたが、本システムではカメラ画像を利用しないため、来店者のプライバシーに配慮したうえで統計的に処理された情報のみを取り扱うことが可能となります。

今回の実証実験では、弊社が運営する1店舗に2020年1月14日(火曜)から2020年2月7日(金曜)までシステムを設置し、顧客の滞留状況から顧客の関心が高い商品の特定を試みます。さらに実証実験で収集したデータを分析し、店舗レイアウト改善に活用できるかの検証を行います。今後も、3社各々のアセットを活用する協創による新たな価値の創造にとりくみ、社会の発展に貢献します。

※「ひとなび」は、国立大学法人大阪大学の登録商標です。
※「Location Net」は、株式会社NTTドコモの商標です。(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/location_net/